貯金はお金の使い方で決まる【お金の使い方は3種類】

貯金はお金の使い方で決まる【お金の使い方は3種類】

主に20代から40代の人たちと会いお金の話をしていると、貯金ができている人とそうでない人で二極化する。
また経験上、貯金があることと年収は比例しないような気がする。びっくりすることに年収1500万超の上級サラリーマンの人が借金を抱えていたり、年収250万の20代独身女性が貯金800万以上あったりする。(それぞれ遺産や特別な事情の出費はない場合であっても)
 
私が思うに貯金額は「お金の使い方」でほぼ決まるんじゃないかと。
 
お金の使い方は3つしかない。
 
1、消費
2、浪費
3、貯金(投資)
 
以上3つ。
貯金ができている人は2の浪費が少なく3の貯金にまわっている。
貯金ができていない人は2の浪費が多すぎて3の貯金にまわっていない。
 
意外と1の消費(携帯代、ごはん代、家賃、仕事でつかうものなど)については収入が高かろうが低かろうがあまり変わらない(一部のスポーツ選手や経営者は別)
 
お金を使う際には「これは消費か、それとも浪費か」を考えると、「あ、俺、昨日から浪費5連チャンやん」となることが多い。それを3連チャンくらいに抑えていくんが大事なんかなと。
 
また書きまーす