貯金をしないといけない理由【お金が必要なタイミングは?】

貯金をしないといけない理由【お金が必要なタイミングは?】

人間、目標や目的がないと努力できない。貯金も同じで、貯金をしなければいけない理由がないと貯金できにくくなるし、そもそも理由がなければする必要がない。

では、貯金をしなければいけない理由があるのかというと、ある。

人生3大支出という言葉を聞いたことがあるだろうか。

1、子供の教育費

2、家

3、老後の生活費

この3点。

の教育費を詳しく見ると、仮に子供が大学に行きたいと言った場合、幼稚園から大学までの学費はすべて合計

で1000万~1400万程になる。(私立にいくのか公立にいくのかでだいぶ変わる、医学部などの特殊な場合はこれ以上)

の家に関してはほとんどの人がローンで毎月払っていくだろう。

の老後に関しては、65歳から死ぬまでの生活費など。因みに65歳以降は3つのお金で生活していく。①国からでる年金②会社の退職金、③自分の貯金   

では、③の自分の貯金がいくらあればいいのかというと、一般的に2000万から3000万は必要と言われている。

年金問題などもあり、これ以上の金額が必要というFPもいるが、だいたいどのFPも2000万は最低必要だと述べている。つまり65歳の段階で2000万の貯金は最低作る必要がある。

本題に戻るが、貯金をしなければいけない理由はこの3大支出のため。である。逆に言うとこの3大支出をクリアできれば、お金に関してほぼ勝ちが決まる。