貯金ができない人が貯金をする方法【1つのことを決めるだけ】

貯金ができない人が貯金をする方法【1つのことを決めるだけ】

「お金はあればあるだけ使ってしまうので貯金ができません。」という人は結構いる。
 
私もFPでありながら実はこのパターンであり、気持ちはめちゃくちゃわかる。
 
では、どうするのか?
方法は1つしかない。
 
 収入ー貯金=支出  にすること。 これ以外の方法があれば逆に教えて下さい。
 
人間2パターンに分かれる
 ①収入ー支出=貯金  の人と
 ②収入ー貯金=支出  の人。
 
実際、お金が貯まるのは、間違いなく②の人。加えて、お金を使う安心感や楽しさを感じるのも②の人(先に貯金額を収入から引いているので余ったお金は使ってもいいお金だとわかっているため)
 
結論、いかに②の人になれるかが大事。貯金の問題はほぼこれで解決できるのではないかと思うほど大事。一番大事。
 
だが、②の人間になろうとした時に、難しいことがある。
それは、<お金を貯めることを決めること(決断すること)>である。
 
人間、決断することを嫌がり、先送りにする(本能的に)。お金のことになればなおさら。そして、ここでも感情論が出てくる。「近いうちに引っ越しするから、考えるのはその後に~」や「将来、転職するかもしれないので~」となる。
 
だが、本題に戻るが、何も考えずとも貯金が貯まっていく人はいいが、お金を使ってしまい貯金ができない人が貯金をするには、<貯めることを決める>しか解決策がないのである。大袈裟に言うと、切腹する覚悟で貯めることを決断するしかない。

「貯めることを決める」これが唯一の解決策である。

何で貯めるか?銀行預金?保険?NISAで投資信託の積み立て?イデコ?など、やり方はたくさんある。

が、貯め方を考える前に、「貯めることを決める」をしないといけない。


 
実際、経験上②の貯めることを決めている人は今まで面談したきた中で2割くらいだろうか。ほとんどの人が貯めることを決めていない。
 
そして、私の仕事は決めさせることであり、FPの仕事で一番大事なことはこの「決断させること」ではないかと考えている。
貯金は自分の問題であり、自分のためであり、将来、自分に返ってくるので。