日本の財政について。日本の借金のことについて。

日本の財政について。日本の借金のことについて。

収入60兆
支出95兆
借金1150兆
 
これは、日本の1年間の収支と借金。(数字はわかりやすいよう、アバウトであり正確ではない。というか所説いろいろ。)
 
これをサラリーマンに例えると、月60万の給料の人が、毎月95万使って、借金も1000万以上あるということになる。自己破産やろ。
ちなみに、ここまで収支が壊滅的で且つ、国の規模に対してここまで借金が多い国は、世界中で日本以外にない。
世界一、財政がやばい国が日本である。
 
では、なぜ、ここまで借金が多いのに日本はギリシャみたいにデフォルト(雑に言うと会社の倒産みたいな感じ)みたいなことにならないのか?答えは、日本の借金1150兆は、大半をよその国から借金していないから。日本の国が日本の銀行から金を借りてる。
上のサラリーマンに置き換えると、借金の1000万は自分の親から借りているもの、みたいなイメージ。(身内どうしでやっている)
 
だから日本はデフォルトしない。
対してギリシャは他国から借金をしてしまっていた。
だからギリシャに金を貸した国が「おい、ギリシャ。貸した金返せ。」→「返せません。」→デフォルト。  みたいなイメージ。
 
まあ、いくら他国から借金はほぼしていないと言っても、日本の国のお金事情はかなりマズイ。
加えて、これから、人口減って、お年寄りが増えて国の支出は増えるばかり。今でも十分壊滅的な状態で更にこれから悪くなる。
お先真っ暗ではないか。
 
消費税が上がるとか、年金が減るとか、インフレになって生活が苦しくなるとか、医療費上がるとかって言うのは、全部、日本の財政がこんなに悪いからである。
 
これらを細かく見ると、
消費税が上がれば国の収入の60兆が増える。年金が減って、医療費が上がると国の支出の95兆が減る。
インフレになると借金1150兆の価値が減る(インフレになるとお金の価値が下がるので、「1150」という数字は変わらないが、1150兆円の価値が下がる)
つまり、なぜ日本はインフレにしたがっているのかと言うと、一言で言うと、「借金があり、その借金の価値を下げようとしているから。」である。
 
 
今日は難しい、わかりにくいことを、いろいろ書いてしまったが、結論は、
「日本の国が相当ヤバいので、自分たち(国民)も、これから相当苦しいお金事情になる。」だから「お金の勉強」をしないといけない。
しないと死ぬ。
 
ここからは、完全に個人的意見だが。
 
よく「貯蓄から投資へ」とか国が言っていたり、「投資、運用をオススメします。」と言うFPがいるが、ニュアンス的に「できればやった方がお得よ。興味ある人はやってね。」という感じで聞こえてならない。
 
もっと直接的に生々しく言えと。
 
貯金(銀行預金)だけで、3000万前後の金を65歳段階で作れるのか?(20代30代は5000万前後)一般人のほとんどの人が無理でしょ?
けど作れなかったら死ぬ(少なくとも年金ガバガバでる今の世代の老人みたいには将来暮らせない。)
 
だから、投資、運用に興味があるない、好きとか嫌い、ではなく多くの人(ド金持ち以外)は、将来の生活のためしないといけない
 
末期ガンになって、医者から「正直、生きるためには手術しかない。」と言われた時に「いや、僕、手術のリスク怖くて。そもそも手術に興味ないのでやりません。」て言いますか? 
 
 
 
少しでもこれから見てくれる人の役にたてればと、知識を提供するので。