株主優待や配当金目的で株を買うことは、辞めた方がいい。

  • 2019.07.25
株主優待や配当金目的で株を買うことは、辞めた方がいい。

 証券会社で営業していた時から
「配当金目的で株を買って、ずっと持っておこうと考えてます。」や、「優待目的で株を買おうと思っています。」と言われることがある。テレビで優待だけで生活している人の特集など見たことあるのでは?

配当金目的や優待目的で株を買うことについて

完全個人的意見だが、
「この考えは、辞めた方が良い」

正確に言うと、「会社の中身や見通しを自分なりに考えることなく、また、株価がどうなれば売るのか決めることなく、ただ単に、配当金や優待だけで株を買うことは、辞めた方が良い。」となる。

以下理由を

当たり前だが、配当金が高い会社の株でも、せいぜい年5%くらい。
「年5%」。
株価は5%くらい1日で動く時もある
時代の変化に対応できず、株価が下がったまま今もずっと戻らない会社の株なんて腐る程ある
また、配当金なんて、会社の業績が悪くなれば下げてくる。(投資信託の分配金と同じ)

つまり、「配当金が高いとか少ないとかっていうのは、超枝葉の小さい話であり、その会社がこれからどうなりそうか、イコール株価がどうなりそうかということの方が何倍も大きな話。」

株主優待も同じ。
100万円株を買って、30万円分の商品券が優待で貰える会社なんてない。せいぜい数万円くらいかそれ以下。
何度も言うが、株価が上がるか下がるかは、年間数パーセントの話ではない可能性が高い。

株は、リスクありますよ。株価が上がりまくって超儲かるリスクも、下がったまま、一生上がらないリスクも。

それに比べ、配当金がどうとか優待がどうとかっていう話は、どうでもいい話。

枝葉の枝葉よりも、一番大事な幹がどうかを自分なりに考えた方が良い。