経営者や大物に好かれる具体的方法【営業マン必見】

経営者や大物に好かれる具体的方法【営業マン必見】

野村證券で超富裕層(社長や開業医が中心)を相手に4年間営業した後、保険業で2年半様々な人に営業している。

一般人と違い、経営者や大物に好かれる営業マンには特徴がある。

結論から。

経営者や大物に好かれる人の特徴は3つ

①褒め方が上手い

②正直に頼る

③適切な場面で、一般論ではなく自分の意見をハッキリ言う

 

以上3つ。以下具体的に説明します。

 

①褒め方が上手いについて。

例えば、経営者がこんな事を言ってきたとする。

経営者「ゼロから会社を作って、苦しい時期もあったが、20年経ってやっと売り上げ10億の会社になったよ。」と言われた時、どう褒めるか?

褒め方が下手な人は、「へ~すごいですね~。10億の会社をつくるなんて、なかなかいないですよ。社長、センスあるすごい人なんですね。」みたいに褒める。明るい雰囲気でヘラヘラして全力でヨイショしにいくイメージ。

 

言い方悪いが、お金持ちに媚びる頭の悪い女の人みたいなイメージ。

 

結論、これだと記憶にすら残してもらえない。薄っぺらい奴だと見抜かれ、もう2度とこの社長には会えない。

 

では、どういう風に褒めるか?以下、褒め方が上手い人の返答例。

褒め方が上手い人「…。なるほど。社長が決断力と男気あるのはそういうことだったんですね。私、仕事柄、いろいろな経営者と商談するのですが、正直、男気がある経営者と、そうでない経営者は話していてわかるんですよ。自分で会社を立ち上げて、叩き上げで20年やってきた生き様から出る雰囲気は、私が見てもわかります。」

こんな感じ。これ言われたら男なら痺れるでしょ。

ポイントは3つある。

褒める時は、真面目で真剣な雰囲気でまっすぐ相手に伝える。

他の人と比較して、あなたは他とは違うというニュアンスを伝える。

本質の部分を自分なりに考えて、本質を褒める。

 

②正直に頼るについて。

この「頼る」ということに関しては、一般人と経営者でとらえ方が全く違う。

どういうことか?

例えば、一般人(友達や普通のサラリーマンなど)に対して保険の営業マンがこう言ったらどうだろう?

保険営業マン「すみません。私、今月数字(ノルマ)が厳しいです。かなり苦しいです。ご契約して頂けないですか?」と言ったら普通の人はどう思うか?

多分、キレる。というか呆れて、この営業マンを大っ嫌いになるだろう。

「なんで、お前のノルマに協力しないといけないの?」「めんどくせー。嫌だな」となる。

普通の人は「頼られる」ことに対して、めんどくさいネガティブなイメージを持つ傾向にある。(勿論、人によるし、相手が誰かにもよる)

 

が、経営者や大物は傾向として違う。

頼られること=信頼されている=嬉しい=かわええ奴やな の感覚になりやすい。(ある程度好かれている前提)

器の大きさと、金銭的余裕が一般人とはケタが違うからである。

つまり、極論、「頼ること」=「褒めること」である。

これを理解している営業マンは少ない。

この「相手に頼ること」=「相手を褒めること」ということを理解した上で、上手く頼る(褒める)のである。

 

例えば、会社の後輩から「すみません。他の人には誰にも相談できなくて、私が一番信頼している○○さんだから相談します。実は、親の介護の関係でお金がなくて。10万円貸してくれないでしょうか?こんな事言えるのは○○さんしかいません。」と言われたらどう思うか?

「10万は確かに痛いが、俺って、こいつからこんなに信頼されてんだな。」となり正直、嬉しくないですか?

10万円の価値よりも、嬉しい気持ちの方が上回る。この感覚を持てるかどうかは大きいと感じる。

 

「人に頼ること」=「悪い事」と思っている人は多い。確かに、一般人にこれをやると、アウトだが、経営者や大物は傾向として、意外と頼られることは嫌いではない(逆に好き)人が多い。

ここ一番で「頼る」ことができれば、逆に好かれる経験を何度もしてきた。

※受けた恩を、返すことは言うまでもない。

※何度も言うが、これは相手を見てやらないといけない。相手を間違えるとアウト。

 

③適切な場面で自分の意見をハッキリ言うについて。

経営者や大物は、何でも迎合するイエスマン(ただのカバン持ちのイメージ)と付き合いたいとは思わない。

ただ単に迎合するだけのイエスマンは、おもしろくないのである。(サラリーマン社会はこっちの方が気に入られるかも)

かと言って、否定ばかりされると、当たり前だが嫌がられる。

意見を聞かれた場合のみ、ありきたりな一般論ではなく、自分の意見をハッキリ言うのが経営者や大物に好かれるコツ。

この自分の意見を言う時の、逃げずにハッキリ自分のポジションを取って話しているか、雰囲気と熱量、内容で判断される。

 

以上、営業マンが経営者や大物に好かれる方法3つでした。

 

また書きまーす