貯金を続けるコツを教えます【月の手取りではなくボーナスから貯金する】

貯金を続けるコツを教えます【月の手取りではなくボーナスから貯金する】

私は野村證券で4年、保険営業で2年半と今まで1000人以上のお客様と保険、お金の相談をしてきた。

その中で、貯金ができている人と、できていない人で2極化する。

「将来のために貯金を開始したが、辞めてしまった。」

「貯金をやり始めたものの、どうしても継続できない」という人は多いだろう。

 

どうすれば、貯金を続ける(継続する)ことができるのか?

結論、2つコツがある。

①月の給料から貯金するのではなく、ボーナスから貯金をする。(会社員の人)

②自分の貯金のセーフティーゾーンを理解して「貯めることを強制的に決める」

 

以上2点。

 

①月の給料から貯金するのではなく、ボーナスから貯金をする。(会社員の人)

経験上、貯金を考える時に多くの人は、月の給料からいくら貯金できるか?を考えてしまう。

「俺、手取りで25万だから毎月、5万円貯金できるかな。」みたいな感じ。

結論、この方法だと続かない可能性が高い。

なぜなら、月々の出費はブレる。「今月は友達の結婚式で~」や「今月ちょっと飲み会行き過ぎたな。」など。

月々の出費が安定している仙人はいない。

 

月々から貯金を考えている人は、毎月出費が変わる中で「頑張って貯金をしないといけない、又は、貯金を辞めれば、今月楽になれるのに。」という感情が何回も出てくる。

つまり、「貯金をしないと」というストレスを1年間に何度も経験するのである。これが貯金が続かない理由である。

 

一方で、「月〇万円貯金する」ではなく、「ボーナスで年間〇万円貯金する」という貯金を年間ベースで考える方法がある。

結論、この、「貯金をボーナスから年間ベースで考える」方が貯金の継続率は高い。

 

例えば、

手取り25万、ボーナス100万の会社員がいる場合、

「月5万円必ず貯金する」ではなく「ボーナス100万の内、60万は必ず貯金する」の方が継続率が高いのである。

(これは、保険の積み立ての継続率でデータが出ている。つまり、保険料の月払いと年払いでは、年払いの方が継続率が高い)

 

「貯金をいかに続けるか」は、いかに貯めるストレスを感じないか、いかに頑張って貯めている気持ちを思い出さないか、が大事な要素である。

「お金を貯めるというストレス」は、1年に1回で良いのである。

 

よくFPとかが、「毎日、家計簿つけて出費を~」とか「貯金額について毎月チェックを~」とか言っているが、こんなストレスのかかることを毎月できる人なんていないでしょ。完全に続かない貯金のやり方である。

会社員でボーナスがある人は、ボーナスから年間ベースで貯金を考えよう。

1年に一回、将来のためにガツッと貯金。

これが継続するコツ。

 

 

② 自分の貯金のセーフティーゾーンを理解して「貯めることを強制的に決める」

貯金のセーフティーゾーンとは、人それぞれ固有に持つ「俺は〇万円貯金があるから大丈夫だろう。」という目に見えないラインのこと。

(これに関しては過去に記事書いてます「貯金のセーフティーゾーンて知ってますか?」

貯金が続かない理由に、ある程度貯まった段階で、「もうこれだけ貯まったから、ひとまず休憩しよ。」という感情がある。そう感じる金額は人によって違う。

30万貯まれば、「とりあえず、もういいでしょ。」と考える人もいれば、「5000万貯めるまでは安心できない」という人もいる。

結論、貯金を続けるには、強制的に自分に管理できない(自分がすぐに引き出せない)形で貯金し続けるのが究極的。

 

 

まとめると、

①お金を貯めることを決める(決断する)

②貯金はボーナスから年間ベースで考える(会社員の人は)

③貯金をし続けられる「しくみ」を作る(あえて管理できない形で貯金する)

 

また書きまーす

 

あわせて読みたい記事 「貯金をしないといけない理由」の記事はこちら