為替リスクをわかりやすく解説【為替リスクは取るべきか?】

為替リスクをわかりやすく解説【為替リスクは取るべきか?】

「為替リスク」。一度は聞いたことがあるだろう。

「この商品は為替リスクがあります。」とか「為替リスクがあるから辞めた方が良い。」とかいろいろ言われている。

 

※前提として注意しないといけないことは、「リスク」という言葉の意味。

「リスク」とは、価格が上がったり下がったりする変動幅のこと。

なので、「リスクが高い」という意味は、「大きく損をする」「悪いことだ」という意味ではなく、「上がったり下がったりする幅が大きい」という意味である。

リスク=悪 という意味ではない。

 

話戻る。

 

為替リスクとは?

結論、円と外貨の為替レートの変動により、外貨建て資産の価値(日本円に換算した場合の価値)が上がったり、下がったりすること。

つまり、例えば、1ドル100円の時に、日本円の1万円をドルに変換すると、100ドルに換えられる。

その後、1ドル120円の時(円安の時)に、100ドルを日本円に変換すると、1万2000円に換えられる。(つまり2000円儲かった。)

逆に、1ドル80円の時(円高の時)に、100ドルを日本円に変換すると、8000円になって換えってくる。(つまり2000円損をした。)

このように1ドル=〇〇円 というのは毎日動いているので、

いつ日本円をドルにするのか?いつドルを日本円にするのか?というので日本円に換算した時に価値が変動する。

これが為替リスク。

 

ざっくり言うと、将来、円安になれば、為替リスクを取った人(外貨建て資産を買った人)は儲かる。

逆に、将来、円高になれば、為替リスクを取った人(外貨建て資産を買った人)は損をする。

 

為替リスクは取るべきか?

つまり、外貨建て資産を持つべきか?である。

結論、為替リスクは取るべきだが、どの国の通貨を選ぶのかはしっかり考えた方が良い。

 

理由は、為替リスクを取らないことの方が、逆に危険だから。である。

どういうことか以下説明します。

 

仮に、為替リスクを取らない=外貨建て資産を一切持たない となれば、資産はすべて日本円建てで持つことになる。

銀行の預金、円建て債券、日本株など。すべて日本のものになる。

日本円が暴落すれば?円安(日本円の価値が下がる)になれば?インフレになれば?

こうなれば日本円建てですべての資産を持っている人は死ぬ。

 

為替リスクを取って、円高になったらどうするの?円高になったら損をするじゃない!

これの答えは、「日本円を持つリスクは取れるのですか?」である。

 

「為替リスクは危険だ」という人は、「日本円を持つ危険性」を考えていない。

外貨建て資産を持つことにもリスクがあるし、日本円だけを持つこと(外貨建て資産を持たないこと)にもリスクがあるのである。

どっちにもリスクがある。

(日本円を持つリスクとは、上記に書いた、インフレ、円安、など。)

この両方のリスクを天秤にかけた結果、「為替リスクを取らない危険性の方が、為替リスクを取る危険性よりも高い」になる。

 

このあたりは過去に記事かいています。

(「通貨分散とは?なぜ外国のお金も持つべきなのか。」の記事はこちら)

あわせて読みたい(「米ドル建て保険はリスクではない」の記事はこちら)