2019年7月

1/4ページ

生命保険は何のために加入するのか?【死亡保障は自分のためではない。】

  • 2019.07.25

 先日、保険の面談をした時の話。 お客様は子供が1人いる20代の若い夫婦だった。その夫婦の内の夫が、保険営業マンである私にこう言った。 夫「ぶっちゃけ、生命保険に入る気はないです。だって保険に加入すれば、保険会社と営業マンは儲かるでしょ。てことは、俺たち(客側)は絶対損しますよね?保険て構造的に客が損するとネットで見たので。」と。 なるほどと。なかなか正論言うやんけと。正論というか当たり前すぎる話 […]

上がる株の探し方【個別銘柄】

  • 2019.07.25

野村證券の営業マンであったので、以前お客様に株を提案していた。 ちなみに、どの会社の株を提案するのかは、各営業マンに委ねられており、会社から「この株をお客様に売れ」という指示はほぼなかった。 私がどのようにして、上りそうな株を探していたのかを紹介する。 ①今後の成長分野は何か?というマクロ観をまず決める。  例えば、「テレビよりもyoutubeの方が見るようになってきたな」や、「最近会社にいる人、 […]

株の損切りは必要なのか?【損をしてでも売るべきか】

  • 2019.07.25

 今回は、お客様には受けが悪いが、本質のところを言います。 株(個別銘柄)を買った後、予想に反して株価が下がった時、どうするか?  この時の対応は3パターンである。 ①いずれ戻すだろうと考え放置②負けを認め、損切り(損をしてでも売却すること)③下がったところで、さらに買い増しをする(ナンピンという) 以上3パターン。  証券営業の経験から、多くの人が取る行動は、圧倒的に①の放置。「今、売ったら損す […]

渾身の自己紹介します。

  • 2019.07.25

家族・・30歳男(私)。妻30歳。0歳の息子。 仕事・・保険営業、FP。個人事業主でやってます。 趣味・・携帯ゲーム。映画。 大学・・早稲田大学 部活・・野球部(大学まで) 住んでいるところ・・神奈川県横浜市 出身・・大阪こんな感じです。   高校時代から2浪まで  高校までは大阪の府立高校。進学高ではなく、ごく普通の高校。高校時代は勉強を1ミリもしておらず、部活が野球部だったので野球だ […]

株主優待や配当金目的で株を買うことは、辞めた方がいい。

  • 2019.07.25

 証券会社で営業していた時から「配当金目的で株を買って、ずっと持っておこうと考えてます。」や、「優待目的で株を買おうと思っています。」と言われることがある。テレビで優待だけで生活している人の特集など見たことあるのでは? 配当金目的や優待目的で株を買うことについて 完全個人的意見だが、「この考えは、辞めた方が良い」 正確に言うと、「会社の中身や見通しを自分なりに考えることなく、また、株価がどうなれば […]

保険は専門家に任せた方が良いという話

  • 2019.07.23

 情報化により、お客様自身がネットなどで保険を調べたりできるようになってきている。「医療保険 ランキング」などで調べると、ランクインした人気の商品が順番に出てくる。一般の素人でも情報を得ることができる。  保険においてお客様は自分自身で調べて、合理的な保険に加入しているのか? 答えは、「ノー」だと思う。 同じようなことを、私の知り合いの医者も言っていた。その医者が言うには、昔、医者の言うことは絶対 […]

個人事業主は貯金の危機感を。【退職金がない、年金少ない】

  • 2019.07.23

働き方が多様化しており、個人事業主やフリーランスの人は増えてきている。 私のお客様でも個人事業主のお客様が数多くいる。これらの個人事業主のお客様に将来のお金のライフプランを提案する際、強く訴えかけることがある。   個人事業主がお金で注意しないといけないこと  それは、「老後の生活資金」。 つまり、「老後のために今から貯金をしましょう。サラリーマンと違い、退職金がない、年金が国民年金だけ […]

株価の変動は何で決まる?ご説明します。

  • 2019.07.23

今日は、「当たり前でしょ。」と思われるかもしれないが、意外と本質のところで理解されていないことを書きます。 「株価の変動」について。あらゆる価格の変動について。  「今日、株が大きく下がった」とか「東京の不動産が上がっている」とか「米ドルが高くなって、円が安くなっている」とか色々聞くだろうかと。  この「価格」が上がったり、下がったりするのは、どういう要因で決まるのか?   結論から。 「需要と供 […]

野村證券を退職した理由を暴露します。

  • 2019.07.23

 今日は個人的なこと書きまーす。また、「私の場合は、こうだった」という話なので、証券会社も部署もいろいろあるので、あくまでも「私はこうだった」という話で。    野村證券のお客様はほとんどが60歳以上で富裕層の人である。具体的には、中小企業の社長や医者などが多い(私が担当していたお客様は)。 こういう人達は一般人では考えられない程、お金を持っている。金融資産(預金、外貨、株など)で10億くらい普通 […]

生命保険の死亡保険金額はいくらに設定すれば良いのかについて説明します。

  • 2019.07.23

子供がいる一家の大黒柱の夫など、死亡保険金が出る生命保険に加入する際、 保証金額をいくらに設定するのか? つまり、自分が死んだとき「家族にいくらお金が入れば、残された家族は今後生活できるのか?」である。 1000万?5000万?1億?  実際どうなのか? 以下、書いていく。※わかりやすいようザックリ説明します。 結論から。 ①死後の整理資金+②家族に残したい金額-③遺族年金-④現在ある資産(貯金な […]

1 4