上がる株の探し方【個別銘柄】

  • 2019.07.25
上がる株の探し方【個別銘柄】

野村證券の営業マンであったので、以前お客様に株を提案していた。
 
ちなみに、どの会社の株を提案するのかは、各営業マンに委ねられており、会社から「この株をお客様に売れ」という指示はほぼなかった。
 
私がどのようにして、上りそうな株を探していたのかを紹介する。
 
①今後の成長分野は何か?というマクロ観をまず決める。
 
 例えば、「テレビよりもyoutubeの方が見るようになってきたな」、「最近会社にいる人、タバコじゃなくてアイコスとか電子タバコになってきたな」、「ハッキングで仮想通貨が盗まれた事件あったな。ん?こういうサイバー攻撃とかってこれからの時代確実に増えるやろ。てことはサイバーセキュリティの会社とか儲かるんちゃうか?」
「このゲームめっちゃおもろいやんけ。絶対これから流行るわ。どこの会社やろ?」
 
みたいな感じで身近な生活のところから考えてみることもある。
 
ちなみに、上の例で言うと、youtuberの事務所の会社である「UUUM」という会社がある。ここ1年で株価2倍から3倍くらいになっている。
 
電子タバコの会社で「トランザクション」という会社も電子タバコが普及し始めた3年程前から株価が何倍にもなっている。
 
サイバーセキュリティの会社だと「パロアルトネットワークス」というアメリカの会社とかが有名か。(これも大きく上がった)
 
②その分野に絡んでいる会社を調べる。
 
 上で言うと、「youtubeとかyoutuberとか伸びるやろ」→「どういう会社がyoutubeに絡んでいるんだろう」→「UUUMという会社があるな」
 みたいな感じ。
 
③その会社の株価と中身、チャートなどを調べる
 
 もう既に上がりきった感があるのか(気が付くのが遅い)、それともまだこれからいろんな人が買いにくるのか?を自分なりに予測する。
 この辺りは正直、「勘」である。
「PERがどうとかROEがどうとかチャートで今、ゴールデンクロスだから」みたいなことを言う人がいるが、それだけで勝てるなら全員が勝てることになるので、私の場合、あくまでも参考にする程度。 「最後は勘」である。
 
 
 まとめると、「以外と身近な生活の変化」から投資のチャンスは転がっている。その「アンテナ」と「マーケット感覚」はプロであろうが素人であろうが、極論関係がないようにさえ思える。
 
「最近、みんな、これ使うようになったな」とか「たぶんこれから、こういうサービスになっていくねやろな」みたいなところにヒントとチャンスはある。そして少しでも早く、その感覚を感じとれるか。
 
今だと、5G(ファイブジー)なんかが一番の話題か。
 
自分なりに、アンテナを張り、考えることが大切かと。